ブログネタ
話題のニュース に参加中!
099617
引用元:毎日新聞 2015年10月07日 地方版

 藤沢市教育委員会の関野真一郎委員長が、息子をスポーツ活動のため居住地ではない茅ケ崎市の市立中学校に「越境通学」させていることが分かった。関野委員長は6日、藤間豊副市長に会って事実関係を認め、責任を取って委員を辞任する意思を伝えた。市が会見して明らかにした。

 藤沢、茅ケ崎両市教委などによると、関野委員長は、茅ケ崎市内の柔道場に息子が寄宿する旨の証明書を同市教委に提出し、息子の住民票を移して同市立中に通学させている。だが実際には、藤沢市の自宅から通っているという。

 5日の市議会で取り上げられ、市は事実確認すると答弁。藤間副市長が6日に関野委員長と面談したところ、関野委員長は茅ケ崎に息子の居住実態がないことを認めた。当初は問題意識が薄かったが今は問題だと認識しており、「皆さんに迷惑をかけた」と辞任表明したという。

 藤沢市教育委員は5人。関野委員長は2013年10月から教育委員、今年5月に委員長に就任した。委員の任期は17年9月までの予定だった。辞任時期などは今後詰めるという。【塚本泉】