ブログネタ
日々の出来事 その2 に参加中!
20150522008
引用元:2015/9/28 18:55 神戸新聞NEXT

 兵庫県教育委員会は28日、2016年度の公立学校教員採用試験(神戸市を除く)で、1162人を合格とした、と発表した。15年度より76人少ないが、団塊の世代の大量退職を補うため、7年連続で千人を超える採用になる。

 全体の倍率は6・1倍(15年度5・7倍)。各区分の合格者と倍率は、小学校・特別支援学校=550人(4・3倍)▽中学校・特別支援学校=276人(6・4倍)▽高校=261人(8・2倍)▽特別支援学校=30人(8・7倍)▽養護教諭=30人(13・9倍)▽栄養教諭=15人(6・6倍)だった。

 県教委は16年度採用から、これまで45歳だった出願資格を49歳に引き上げた。今回、来年4月1日には46~49歳になる18人を採用しており、教職員課は「ほかの自治体の教員など、経験のある人材を確保できた」とする。

 また、小学校で名古屋国際女子マラソン2位入賞者を採用するなど、体育や芸術分野で優れた実績のある人も採用した。

(上田勇紀)