ブログネタ
日々の出来事 その2 に参加中!
099612
引用元:2015年9月2日03時00分 朝日新聞デジタル

 学校への不審者の侵入を防ぐため、宇都宮市は1日、全ての市立小中学校93校に防犯カメラを設置し、運用を始めた。

 市教委学校管理課によると、防犯カメラの設置は、2012~14年に市内の小中学校でリコーダーの盗難が相次いだため検討された。

 防犯カメラは各校2~4台。正門や通用門などの敷地出入り口付近を撮影する。24時間稼働し、職員室のモニターでライブ映像を確認でき、画像データは14日間保存される。機器の操作は副校長などに限定。録画データの閲覧は「生命、身体などに対する危険を避けるため、緊急かつやむを得ない場合」などに限るとして、犯罪があった場合などに警察から要請があれば、データの提供を検討するという。

 市立昭和小学校では出入り口3カ所に防犯カメラを設置した。加藤宮子副校長は「不審者から子どもたちを守ることに役立つと思う。教育活動が安心、安全に行われる一助になればいい」と話した。(岩佐友)