ブログネタ
旬なニュース#02 に参加中!
099619
引用元:2015年9月1日 中日新聞

 富山大は三十一日、来年四月に五福キャンパス(富山市五福)に教職大学院を開設すると発表した。入学定員は十四人。募集要項を十月に公表する予定。

 「教職実践開発研究科」の名称で設置する。二年の修業で教職修士(専門職)の学位取得が可能。現職教員と学部卒学生を対象に、課題解決と実践の力を持った学校現場を引っ張る教員「スクールリーダー」を養成する。

 学校現場での経験と、研究業績がある計十五人を専任講師として置き、原則、共同授業にする。コースは設けず、現職教員と学部卒の学生が一緒に学ぶ。

 県教委との連携を重視し、県総合教育センターの研究主事が指導にあたり、大学と県教委が意見交換する連絡会議も設置する。

 富山大は学校現場で生徒に知識だけでなく、思考力や共生する力を身に付けさせ、複雑な教育課題に対応できる教員が必要として設置を決めた。

 遠藤俊郎学長は「富山の教育のさらなる質向上に貢献していく」、石井隆一知事は「実践的な指導力を発揮できる新人教員や中堅教員の養成など、教育の充実に大いに貢献すると考えている」とのコメントをそれぞれ出した。 (木許はるみ)