ブログネタ
日々の出来事 その2 に参加中!
099608
引用元:2015年08月21日 読売新聞

 県教育委員会が公立高校の全生徒約2万4000人を対象に実施した「いじめに関するアンケート調査」で、いじめを受けた経験があると答えた生徒が252人いたことが20日、分かった。県教委は各校に対し、生徒を十分に観察し、いじめ解消に努めるよう促す。

 調査は、県立・市立高校52校(分校含む)で7月中旬に実施し、2万3747人(8月18日現在)から回答があった。集計によると、「いじめを受けたことがある」と答えた生徒は252人で、このうち135人は既に解消したが、117人は解消していなかった。

 いじめの内容(複数回答)は「冷やかし、からかい、悪口、脅し文句など」が194人と最も多く、次いで「仲間外れ、無視」が74人、「パソコンや携帯電話で中傷された」が63人だった。

 また、「いじめを見たことがあるか」という質問には、168人が「ある」と回答した。

 県教委高校教育課によると、調査は例年9月に実施しているが、岩手県矢巾町の男子中学生の飛び込み自殺を受け、今年は時期を早めた。