ブログネタ
旬なニュース#02 に参加中!
099619
引用元:2015年08月18日 18時32分 チューリップテレビ

 県西部の中学校で14歳の生徒が球技大会で同級生の顔を蹴り全治6か月の大けがをさせたとして逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは県西部に住む14歳の男子中学生です。

 高岡警察署によりますと男子中学生は先月9日、学校の球技大会でサッカーの試合中に対戦チームの同級生の顔を蹴り、前歯2本を折るなど全治6か月の大ケガをさせた疑いが持たれています。

 男子中学生は試合中、被害者の同級生に対して服を引っ張るなどのラフプレーを行っており、思い通りのプレーが出来ずストレスが溜まっていたことから犯行に及んだとみられています。

 警察の調べに対して男子中学生は容疑を認めているということです。

 警察署で暴行に至った経緯などについて詳しく調べています。