ブログネタ
日々の出来事 4 に参加中!
099779
引用元:2015年07月24日 読売新聞

 下松市の小中学校の若手教諭が様々な仕事を体験する研修が23日、市内の事業所で始まった。異業種や地域のことを知り視野を広げてもらおうと、市教委が昨年に続いて企画し、勤務2、3年目の教諭18人が参加している。

 研修先は農産物直売所や老人ホーム、宿泊施設「笠戸島家族旅行村」、市立図書館など8か所。教諭たちは夏休みの期間中、それぞれ希望した事業所で2日間ずつ体験する。

 下松市西柳の農産物直売所「菜さい来んさい」では23日、下松小の松岡ゆかり教諭(27)が午前8時半から午後5時まで研修。玉ネギを袋に詰めて陳列棚に並べ、値段のシール貼りもした。

 松岡教諭は昨年も、市清掃センターでごみ収集車に同乗して回収作業を体験したという。

 松岡教諭は「スーパーについて学ぶ授業もあるので、きょうの経験を生かせると思う。いろんな人と接したり、作業を経験できたりして視野も広がった」と話していた。