ブログネタ
旬なニュース#02 に参加中!
160597
引用元:2015年07月09日 11時33分 読売新聞

 川崎市川崎区の中学1年上村遼太君(当時13歳)が殺害された事件を受け、川崎市は8日、来年度にも市内の公園に防犯カメラを設置する方針を示した。

 市によると、事件後に実施したアンケートでは、現場周辺の地域住民から「犯罪の未然防止に必要」「夜間パトロールできる人がいない地域もある」といった理由で、防犯カメラ設置を求める声が上がっていた。

 新規にカメラを設置するだけでなく、公園によってはトイレやエレベーターなどにある施設管理用のカメラを防犯目的で活用する。設置数や映像の精度などは検討中で、金子正典・建設緑政局長は「地域の防犯対策に大きく寄与する。年度内に設置基準を決めたい」と述べた。

 また、市は年度内に、殺害現場周辺の多摩川沿いのサイクリングコースに、発光式の道路鋲を試験的に設置する。現場周辺には工場が並んでいるが、街灯や民家が少なく、夜間は見通しがきかない。市は防犯のほか通行上の安全も考え、約2キロの区間に鋲を埋めて道路を明るくするという。