ブログネタ
旬なニュース#02 に参加中!
image
引用元:2015.6.30 10:30 産経ニュース

 平成9年、神戸市須磨区で2人の児童が殺害されるなどした神戸連続児童殺傷事件の容疑者だった元「少年A」が手記を出版、波紋を広げている。凄惨(せいさん)な事件を引き起こし、社会を震撼(しんかん)させた人間が世間に一体何を問いかけるというのか。

 手記を手にした読者の多くは文章からにじみ出た元少年Aの自己陶酔や自己顕示欲に眉をひそめるだろう。ノンフィクション作家、門田隆将氏は手記を検証しながら遺族の踏みにじられた思い、悔しさを代弁しつつ、Aは更生しておらず、「遺族に無断で出した1冊の本は、酒鬼薔薇聖斗への長年にわたる治療と矯正教育が、見事に『失敗したこと』を何より物語っている」と指摘した。

 ジャーナリスト、高山正之氏は巻頭コラム「折節の記」で加害者が自分の犯罪を出版し儲(もう)けることを禁じた、米国・ニューヨーク州の「サムの息子法」を紹介しつつ「少年A」との共通点、類似点を考察。自らの犯罪をタネに稼ぐ異常さとともに匿名に守られて勝手な御託を並べる卑劣を指摘している。(安藤慶太)

                   ◇

 発行:産経新聞社。定価780円。定期購読(年間8880円、送料無料)は富士山マガジンサービスまで。

 パソコンサイト http://fujisan.co.jp/seiron 携帯電話サイト http://223223.jp/m/seiron フリーダイヤル 0120・223・223