ブログネタ
旬なニュース に参加中!
a459da14e1915382f522facb00860992_s

奨学金と生活保護を一緒に貰っていた母子家庭の親子が「奨学金が収入とみなされて」生活保護が減額されたそうです。
引用元:2015年05月01日 02時11分 マイナビスチューデント

日々、社会で起きてるニュースを取り上げて、自分なりの見解を示している尾木ママ。

今回も、新聞からニュースをあげてくれた。

タイトルは『どうして高校生の奨学金が「収入」になり生活保護減額なのか!?』とお怒り気味。

これは福島県のニュース。生活保護受給を受けていた母子家庭の親子が、高校に通うために支給を受けた奨学金が「収入」とみなされて生活保護費が減額されたというものだ。

尾木ママは、『意欲的な高校生の夢まで踏みにじる福島市の担当者に強い不信感抱くの尾木ママがおかしいのでしょうか!?自信なくなりそうなほど不可思議な決定に思えて仕方ありません』と怒りを露わにしている。

世の中には、働きもせず、不当な方法で生活保護費を受給している人が多くいる。なのに、真面目に生活をしている人たちが頑張って生活をしているのに、受給を減らされるとは不公平だ。

この母子家庭の母親は、病気で仕事もできない状態なのだとか。

親子は市を相手に訴えを起こすらしいが、市の担当者は「関連法などに基づき適切に対応している」と相変わらずのお役所回答。

尾木ママの怒りは当然だ。「あなたどう思う?おかしいわよね~」との声が聞こえてきそうだ