ブログネタ
日々の出来事 4 に参加中!
6310af0bb7c81ec64dcf87ff871eb81e_s

すごいですね、自宅にいながらインターネットで入学式。
今やインターネットで何でもできる時代ですね。

この間の記事が現実味を帯びてきましたね。
技術の発達で教師の仕事がなくなる!?

以下記事の内容を引用します。
引用元:4月23日 14時50分 NHK NEWS WEB

千葉市の通信制の高校で、インターネット上の仮想空間で高校生活を送る新たなコースが始まり、入学式が行われました。 このコースは千葉市中央区にある通信制の明聖高校がこの春から始めたもので、200人余りが入学しました。

入学式もインターネット上の動画を見る形で行われ、花澤悟史校長が「遠く離れていても、インターネットでつながっています。みんなで一緒に学校を作っていきましょう」とあいさつしました。

このコースではインターネット上に仮想の教室や校庭が作られ、生徒たちは動画を見て授業を受けるほか、「アバター」と呼ばれる自分の分身を操作して、教師やほかの生徒と交流できるようになっています。

通信制でも同級生と交流することで学習への意欲を高めてもらうのがねらいで、年に4日程度は実際に登校して授業を受ける必要がありますが、3年間在学して必要な単位を取得すれば、高校の卒業資格が得られます。
学校側は、こうした取り組みは全国でも初めてではないかと話しています。

明聖高校サイバーコースの下田将樹主任は、「入学者の中には、不登校を経験し、学校に行きたくても行けない生徒も多い。インターネット上の交流が新しい一歩を踏み出すきっかけになれば」と話しています。